So-net無料ブログ作成

和洋の響鳴 [太鼓]

さいたま芸術劇場さんの主催事業
第106回光の庭プロムナードコンサート
「和洋の出逢い 〜オルガンと和太鼓の響演〜」にて
オルガニスト長谷川美保さんにお声がけ頂き
演奏させていただきました

F5A0E78C-56B5-4D83-A0DE-A5DAEBE6E785.jpeg

美保さんとは 昨年6月にイタリア ソロメオフェスティバルで
お会いしてからのお付き合い

既存のコラボ曲は存在しないため
お互い案を持ち寄って構成しました

昔組んでいたSOUSOU というユニットのために作った曲を
篠笛だったパートをオルガンに奏でて頂いたら

あらっ不思議

ネパールかモンゴルか どこかアジアの山と空を想って作った曲が
アンデス はたまた モンブラン と世界を巡る音の旅となって響き。。。

新鮮!!!

お客様はこのオルガンを主としたシリーズのファンの方達など
クラシックに馴染みのある方たちが中心だったようなので
光の降りそそぐ 透明感のある素敵な会場で
和太鼓とオルガンの音のシャワーが新鮮だったらしく
うわぁっというなんともいえない 高揚した拍手と歓声が起こりました

普段のお客様の反応とはちがう 前のめりな熱いリアクションだったと
美保さんもおっしゃっていて 嬉しくなりました

時間の都合でアンコールにはお応えできませんでしたが
その後の 楽器紹介のコーナーでは
太鼓の演奏を聴くのは初めてという方も多くおられ
老若男女 大勢に囲まれて 色々な質問を受けました

5FA2502B-3155-404C-81DF-3C644F0548E9.jpeg

また 大江戸の演奏を何度も見て下さっている方たちにも
とっても良かった 新鮮だったと言って頂き嬉しかったですし
この組み合わせの可能性を感じました
是非一度と言わず またどこかで再演してみたいです

美保さん そして劇場関係者の皆様
本当にありがとうございました

準備からお手伝いしてくれたRieさん ありがとーーーーう♡
ご来場くださった皆さん ありがとうございました
駆けつけて下さり差し入れまで!
乾杯のビールが最高に美味しかった 幸せな日でした

感謝

4F5CB869-1CD9-4B2F-AD8B-F40FB15A5B7B.jpeg
シンプルなオルガンの中だけどこんなに芸術的
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽