So-net無料ブログ作成

ジャカルタジャパンまつり [太鼓 海外]

神々の地 戸隠での
ワークショップの疲れがようやく抜ける頃
喧騒あふれるインドネシアへ飛びました

ジャカルタ中心部のスナヤンにて開催される
日本・インドネシア友好イベント
JJM(JAK-JAPAN MATSURI) に9/7-8と出演するためです

ジャカルタには
大江戸助六流を継承するジャカルタ太鼓があります
代表のタ○コさんは 個人でこのグループを立ち上げ
ご自身が来日する毎に 宗家から個人稽古を受けたり
メンバーを連れて大江戸の夏のワークショップに参加したり
後進をたくさん育てて来られました

お祭りには
AKB48のインドネシア版 JKT48ほか有名アーティストが出演

ジャカルタ太鼓の演奏に 大江戸助六太鼓から糸原座古が加わり
メインステージで演奏しました

夜にはジャカルタ神輿連のみなさんとコラボ!
神輿は立派なのが3機 山車もとってもゴージャス
そして締めには 日・イ合同 盆踊り!!
定番のWAになって踊ろう 東京音頭 炭坑節
締めは踊るポンポコリンです

私自身はおよそ10年ぶりの訪問だったので
ジャカルタの急速な発展やメンバーの目を見張る成長に
インドネシアの印象が随分変わりました


2日間とも 演奏前は 午前からワークショップも実施
ジャカルタ太鼓の生徒さんたちは 
今回用のワークショップ記念のお揃いTシャツまで作る気合の入れ方で
笑顔で迎えてくれました

練習 本番 練習 本番と 2日間詰めてこなすと 
集中力も途切れず 稽古だけと比べて吸収が抜群に違います

見ていないようで 一挙一動を見ています

年に一度なので 伝える言葉も重みが生まれます

女性メンバーも多いから今年は特に女性の衣裳の着方も見せたい との
代表から依頼意図もあったので 
今回 一緒に音を出したこと 一緒にステージに立つ過程を過ごしたことで
感じてくれたこと 沢山あったらいいなあ と思います

びっくりしたのは
一年ぶりに稽古に来たというメンバーも その晩の本番には出る!
と物怖じせずに参加していたこと
良くも悪くも すごいなあ。。。と
この積極性。。。ある意味 東京の稽古場にもほしいかもなぁ


笑顔の絶えない3日間を過ごし
あっという間に帰って来てしまいました

いつまた伺えるか 今はわかりませんが
きっと 熱心なみなさんのこと 
また 成長した姿を見せてくれるはず! と期待しています

タ◯コさん お世話になりました!!!

在イ日本国大使館 国際交流基金はじめ イベント関係者のみなさま
お世話になりました ありがとうございました!!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。